胡蝶蘭を送る

何かのお祝いに胡蝶蘭を送ることがあるのですが、どのような祝いに送ることが多いのでしょうか。もちろんこのようなお祝いで送るのが一般的という決まりがわけではないので、何を送ったらよいのかわからない場合には、胡蝶蘭が定番となります。よく知られているのは、開店祝いや開業祝などでしょう。今まで努力をしてきた結果、やっと自分の店や会社を持つことができたのですから、そのお祝いに胡蝶蘭を送るというのはふさわしいと言えます。

他にも自分の親戚などが高校や大学の受験に合格したときなどにも送る人がいます。このようなめでたいときに送るのが一般的なのですが、選挙に当選した政治家に送ることもあります。もちろん一般の人が政治家に胡蝶蘭を送ることなどありませんので、当選した政治家の身内や支援をしてきた大手企業の重役などが送るようになるでしょう。もしくは支持母体の宗教団体や市民団体などが送ることもあるでしょうが、注意するべきことがあります。

それは公職選挙法に違反しているかどうかです。最近の政治家は不祥事ばかり起こしていますし、強行採決や知らぬ存ぜぬ逃げ通す輩が多いので、平気で公職選挙法に違反する、もしくは公職選挙法の内容すら知らない政治家も多いでしょう。もちろん日本のために立候補する人も僅かながらいるので、このような人は公職選挙法に引っかからないように注意しましょう。当サイトでは胡蝶蘭を贈答用に送る場合の決まりごとなどを紹介していますが、主に選挙当選時に送る場合について紹介させていただきます。