縁起のよい花

胡蝶蘭は高級な花なのに、なぜ贈り物として好まれているのかというと、縁起がとてもよいからです。日本人は縁起を担ぐ人が多いですし、しかも華やかな花でもあるので、贈り物として好まれています。また、花には花言葉というのも存在しており、胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるとなっています。とてもよい花言葉でもあるので、お祝いのときに送られることが多いと言えるでしょう。

花言葉がよいだけではなく、華やかで品があるということも好まれる理由の1つなのですが、まだ胡蝶蘭が好まれる理由があるのです。それは花持ちがよくて長期間きれいな花を咲かせていることです。長く花を咲かせているということは、それだけ長持ちする、長期間政治家として君臨できるという意味でもあるので、選挙で当選したときには贈り物にふさわしいのです。

また、胡蝶蘭は鉢植えになっていることが多いでしょう。鉢植えというのは根がしっかりと根付いている状態なので、根付くというのは地盤を固めるという意味に取ることもできます。だからこそ贈り物に好まれていると言えるでしょう。胡蝶蘭にもいろいろな種類が存在しているのですが、どの種類を送るのかはその人次第だと言えますし、相手の好みによっても変わってきます。