縁起のよい花

胡蝶蘭は高級な花なのに、なぜ贈り物として好まれているのかというと、縁起がとてもよいからです。日本人は縁起を担ぐ人が多いですし、しかも華やかな花でもあるので、贈り物として好まれています。また、花には花言葉というのも存在しており、胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるとなっています。とてもよい花言葉でもあるので、お祝いのときに送られることが多いと言えるでしょう。

花言葉がよいだけではなく、華やかで品があるということも好まれる理由の1つなのですが、まだ胡蝶蘭が好まれる理由があるのです。それは花持ちがよくて長期間きれいな花を咲かせていることです。長く花を咲かせているということは、それだけ長持ちする、長期間政治家として君臨できるという意味でもあるので、選挙で当選したときには贈り物にふさわしいのです。

また、胡蝶蘭は鉢植えになっていることが多いでしょう。鉢植えというのは根がしっかりと根付いている状態なので、根付くというのは地盤を固めるという意味に取ることもできます。だからこそ贈り物に好まれていると言えるでしょう。胡蝶蘭にもいろいろな種類が存在しているのですが、どの種類を送るのかはその人次第だと言えますし、相手の好みによっても変わってきます。

定番の贈り物

胡蝶蘭は高級な花なので、あまり頻繁に購入できる花ではありません。しかし、贈り物としては定番の花なので、どのような場面であっても送りやすいと言えるでしょう。自分の店を持ったときなどはとてもおめでたいので、何か贈り物を贈りたいと考えている人もいるでしょう。このようなときには胡蝶蘭を贈るのが最もよいと言えます。これは開店祝いだけではなく、開業祝いでも同じことが言えるでしょう。

贈り物というのは、何にすればよいのか迷ってしまうことも多くなっています。これを送るとあまりにも高すぎるので、相手が受け取りにくくなってしまうのではないか、逆にあまり安すぎると、本当に祝ってくれているのかと思われないかと思ってしまう人もいるでしょう。このようなときこそ胡蝶蘭がふさわしいと言えます。これは選挙に当選したときでも同じです。

胡蝶蘭というのは縁起のよい花でもあるので、選挙に当選したときでも送りやすくなっています。政治家と言えば金銭を送るものと考えている人もいるでしょうが、金銭であれば法律に引っかかるだけではなく、送った方が罪になってしまうので、送りにくいという人もいるでしょう。しかし、胡蝶蘭であればこのような心配も殆どないので、送りやすいというメリットもあるのです。

胡蝶蘭を送る

何かのお祝いに胡蝶蘭を送ることがあるのですが、どのような祝いに送ることが多いのでしょうか。もちろんこのようなお祝いで送るのが一般的という決まりがわけではないので、何を送ったらよいのかわからない場合には、胡蝶蘭が定番となります。よく知られているのは、開店祝いや開業祝などでしょう。今まで努力をしてきた結果、やっと自分の店や会社を持つことができたのですから、そのお祝いに胡蝶蘭を送るというのはふさわしいと言えます。

他にも自分の親戚などが高校や大学の受験に合格したときなどにも送る人がいます。このようなめでたいときに送るのが一般的なのですが、選挙に当選した政治家に送ることもあります。もちろん一般の人が政治家に胡蝶蘭を送ることなどありませんので、当選した政治家の身内や支援をしてきた大手企業の重役などが送るようになるでしょう。もしくは支持母体の宗教団体や市民団体などが送ることもあるでしょうが、注意するべきことがあります。

それは公職選挙法に違反しているかどうかです。最近の政治家は不祥事ばかり起こしていますし、強行採決や知らぬ存ぜぬ逃げ通す輩が多いので、平気で公職選挙法に違反する、もしくは公職選挙法の内容すら知らない政治家も多いでしょう。もちろん日本のために立候補する人も僅かながらいるので、このような人は公職選挙法に引っかからないように注意しましょう。当サイトでは胡蝶蘭を贈答用に送る場合の決まりごとなどを紹介していますが、主に選挙当選時に送る場合について紹介させていただきます。